看護師転職の志望動機なら看護師転職サイト.net

看護師転職の志望動機とは?

看護師転職のときに一番のポイントになるのが志望動機です。看護師の本音は、いま勤務している病院を辞めたい理由は人間関係だったり給料が不満だったりするかもしれません。

 

そして、新しい職場を探している理由が看護師それぞれで違うにせよ、看護師を採用して給料を払う病院側としては、応募者がどういった考えで応募してきたのか、またどういった業務を求めているのかを把握してなければなりません。?

 

看護師という仕事は、女性の特性を生かした唯一の専門職と言ってもいいかもしれません。男性看護師も約6%まで増加していますが、入院中の看護ケアは排泄ケアまであるため、女性患者は男性看護師のケアを嫌がることもあって、看護師は女性が主役の職場となっています。

 

看護師の仕事は命に関わる職業のため、社会の経済動向や不況の影響を受けにくく、経済的な面を見ても非常に安定した職業です。

 

長引く不況や景気変動から若者の安定志向が強まり、看護師の人気はますます高まる傾向にあるので一時の看護師不足の時代は過ぎたかのようにも見えます。しかしまだまだ看護師は売り手市場であることに変わりはありません。?

 

結婚して家庭に入った女性でも子育てが一段落したら、再度看護師として働けるなど看護師資格は貴重な国家資格と言えるでしょう。

 

求人が多くある状況だからと言って、何となく応募しましたと言われたら病院側は採用しないでしょう。いくら看護師不足と言えども患者の命を預かっている職場だから、余計に人物面をしっかり見定めていると言えます。

 

求人に応募する看護師は、『どうしてこの病院で働きたいのか』をよく考えてみるましょう。転職は単に職場を変えるとか、より良い条件で働くといった側面だけでなく、自分のこれからの、キャリア、ライフスタイル、ビジョンを考える良いきっかけになります。

 

まず志望動機を考える際に、応募する病院をよく調べてみましょう。単なる知合い看護師からの噂だけを信用するのではなく、病院規模、施設届出基準、医療設備、近隣を含めた環境からどういった病院の役割をしているのか、など自分がそこで働きたいと思う部分と合うポイントが見つかるかもしれません。?

 

転職と面接は看護師と病院のお見合いのようなもので、双方の意思が合わなければ決して上手くいきません。嫌なことがあって勢いで安易に転職してしまったら、転職後に現実とのギャップに悩んだり、転職をしたことを後悔するでしょう。一方で病院側はせっかく雇った看護師の力を生かしきれないと、看護現場の戦力DOWNになるほか、採用にかけた人手間が無駄になってしまいます。?

 

転職の失敗やリスクをなくすために、ナースではたらこ、ナース人材バンク、看護のお仕事、ナースフル、マイナビ看護師などの看護師求人サイトの転職サポートサービスを積極的に活用することをおすすめします。

 

求人サイトの仲介を通すことで、第三者的視点から客観的に看護師の転職活動のアドバイスがもらえます。あなた自身の意思と病院が求める人材を判断のマッチングが分かり、双方のミスマッチをなくすことができます。

 

看護師は自分に合う転職先を効率よく紹介してもうことができるから、効率的に転職活動を行うことができます。病院側は欲しい看護師を紹介してもらえるのと、募集や面接・採用業務に要す手間を省くことができるメリットがあります。

 

看護師求人サイトの転職サポートサービは無料で利用できるだけでなく、看護師の転職と医療業界を熟知したプロの専任コンサルタントが、細かいところまで転職を完全サポートしてくれます。求人サイト独自のネットワークで集めた職場情報から適切な職場を探し、履歴書の書き方、面接での対応、現職の円満退職法、入職後のフォローアップまで丁寧に対応してくれるから、希望にかなう職場がきっと見つかります。

 

 

おすすめの看護師転職求人サイトはこちら >>