看護師転職の時期なら看護師転職サイト.net

看護師転職の時期で最適なタイミングは?

医療機関は慢性的な看護師不足だから、まだまだ看護師は売り手市場で転職がしやすい状況です。
看護師の国家資格があれば看護師を求める病院は常にあり、いつでもどこでも働くことができるメリットがあります。
転職に有利な看護師も、より良い転職のために転職時期をよく見極めて賢く転職することが重用です。求人募集が多くあるのですが、より良い条件の求人が出る時期は看護師が辞めたり異動の多い時期が転職チャンスです。

 

より良い転職ができるチャンスの時期って?

年間に4回大きなチャンスがあります。まず一回目は、新年度が始まる4月入職の転職です。この時期に新しくスタートを切るため、1月〜3月に求人数が多くなります。

 

二回目は、7月〜8月入職の求人です。夏ボーナスをもらって退職するからです。この時期にスタートを切るために夏のボーナス支給前の6〜7月に求人数が多くなります。

 

三回目は、10月入職の求人です。看護師の多くは女性のため、結婚している場合旦那の仕事が転勤になって転職をせざるを得ない場合があるためです。この時期にスタートを切るために8月〜9月に求人数が多くなります。

 

四回目は、冬ボーナスをもらって12月に辞める看護師が多くいるので、冬のボーナス支給前の10?11月に求人数が多くなります。

 

 

自分のタイミングで転職するなら、現職を辞めるタイミングもしっかり見極めましょう。

退職のタイミングも転職時期同様に大切になるのでよく考えましょう。看護師不足の病院が採用するように、あなたが辞めたら一人看護師が減ってしまうため、転職をするということは個人の問題にとどまらず病院全体の運営に関わってきます。

 

病院側も当然あなたの分の欠員補充をしたり、業務やシフトの見直し、業務引き継ぎが発生するので、今日の明日に辞められるわけではありません。各病院ごとに独自に就業規則を定めていますが、退職の意向を伝えてから最低1ヵ月程度は時間が必要となるので余裕を持って退職の意思を上司に伝えましょう。

 

転職活動を始めた看護師が転職先が決まった後に、最後に悩むのが現職の退職交渉です。これは非常に重要で切実な問題なのですが、転職=現職を辞められると考えてしまうため、退職の意向を伝えれば良いとだけ思えるのですが、猛烈な引き留めに合います。

 

決してケンカ別れするのではなく、円満退職をするのが望ましいでしょう。色々な理由があって退職をする場合でも職場、上司、一緒に働いてきた職員に感謝を伝え、社会人としての礼儀をわきまえた行動が大切です。?

 

退職で気を付けたいことは?

退職をすると各種手続きが発生します。健康保険などの社会保障手続きも必要となりますし、一旦働かない期間を作って失業保険を受給するならハローワークに手続きに行くなど、意外と大変なものです。辞める前に現職の事務の人に聞いておくのが良いでしょう。看護師求人が多くて転職がしやすい環境と言えど、綿密なスケジューリングが非常に大切です。?

 

転職先の賞与が初回はどのくらいもらえるか、確認しましょう。年2回の賞与は支給対象となる在籍期間が定められています。夏ボーナス支給直前に転職したからと言って夏ボーナスは満額もらえません。これは面接時に賞与算定期間を確認することで防げます。

 

時期は分かったけど求人探しが大変

求人探しや情報収集は、いざ始めてみると非常に時間がかかりますし、何から手を付ければいいのか分からないものです。

 

忙しい看護師さんは看護師求人サイトの転職サポート支援サービス利用が絶対におすすめです。サービスが無料で利用できるだけでなく、転職のプロのコンサルタントが、スケジュール調整、給料条件交渉など転職活動全てをサポートしてくれます。看護師求人サイトに登録すれば、自分を生かせる好条件の新しい職場が必ず見つかります!

 

 

おすすめの看護師転職求人サイトはこちら >>