看護師転職の方法なら看護師転職サイト.net

看護師の転職方法

看護師という職業は、看護師不足の状況から働く需要があるということもあって、看護師の転職経験は他の職種に比べて高くなっています。実に二人に1人の割合で転職経験があり、そのうち半数が2回以上の転職を経験したことがあるといわれています。

 

転職の理由は、引越しや転居、結婚、出産といった女性ならではの理由から、人間関係のトラブル、キャリアップを目指して転職するなど転職理由は様々あります。?

 

看護師の転職方法って?

ハローワーク、ナースセンター(日本看護協会ナースバンク事業)、友人・知人の紹介、自分で病院へ応募、看護師求人サイトなど自分で調べて応募まで完結するものや、コンサルタントに求人を紹介してもらうものなど多様化されています。
しっかり自分に合った転職方法を見つけることが大事です。

 

ハローワーク
求人紹介の公共機関ですので安心して利用できますが、看護師専門の相談員ではないため専門的なアドバイスをもらうのは難しいでしょう。そのため職場のリアルな情報が得にくいかもしれません。

 

ナースセンター(日本看護協会ナースバンク事業)
日本看護協会が運営の看護師の仕事紹介事業です。対応スピードが遅いケースも多く、急いでいる看護師には合わないかもしれません。

 

友人・知人の紹介
知ってる人の紹介は、看護師も採用側も安心できますね。ただ、話が勝手に進んでしまい条件面をきちんと確認せず入職して後悔するケースもあります。辞めるときに知人の立場を考えると言いづらいという悩みがあるようです。

 

自分で病院へ応募
看護師自ら調べて応募するので納得感があるでしょう。条件交渉や内部情報の収集など全て自分一人で行うので、非常に労力がかかると思われます。

 

看護師求人サイト
最近の看護師求人サイトは登録して希望条件を担当コンサルタントに伝えると、好条件の求人を紹介してくれます。登録利用は無料なので非常に便利です。担当コンサルタントとの相性が気になるところなので、2〜3社登録する方が良いでしょう。

 

転職活動のフロー

看護師転職を考えた場合、まずは看護師求人の募集の情報を集めるところから始まります。
まず求人広告や求人誌、病院ホームページなどで看護師募集をしている病院や医療機関を探し、問合せ・応募、面接、合否結果、内定が出て入職となります。

 

一連の流れはシンプルですが、プロセスの一つ一つは看護師一人でこなすには難しい部分が多くあります。
売り手の看護師市場(求人が多い状態)なので、すぐにネットやwebで看護師求人募集広告を見つけることができるでしょう。
しかしインターネットや求人誌の求人広告は病院側からの一方的な情報提供になりがちで、結局転職をしたものの入職したら現実は大きなギャップがあったということも起きています。

 

こういった転職失敗例を避けるためにも、転職したい病院を見つけたら、給料や勤務形態、朝の申しお送り情報収集の始業前出社時間など面接の際にキチンと質問して、不安や疑問を解消することが重要です。

 

もし勤務条件を交渉することになると交渉上手でない看護師にとっては非常に難しいものです。一般的な企業への就職と違って新卒の時に「就活」をほとんど経験したことのない看護師にとっては、面接や履歴書への取り組みも簡単ではないはずです。?

 

 

おすすめの看護師転職求人サイトはこちら >>